国旗のある風景 – 生産国を示す国旗

このごろは商品の生産国を示すのに、国旗がしばしば用いられています。

日本でばかりではありません。専門商社をやっている友人は「マトリョーシカと武器しか国際市場で通用するものが生産できないロシア」といいます。これは、あながち穿ち過ぎやオーバーでもありません。ロシアは資源に頼りすぎて、「ものづくり」を怠ってきました。それが「サウジアラビア化」と陰口を叩かれているところです。

ですから、かの国のスーパーには、外国製品が溢れています。そしてしばしば生産国別に商品を並べるコーナーがあって、「国旗の判る」私は大いに楽をするのです。

それはさておき、最近は東京でも国旗で生産国を示すことがずいぶん増えてきましたね。これは二子玉川の「東急Food Show」という大きなスーパーのようなお店。チーズや木の実がおいしくて時々立ち寄ります。そこで見かけたこの国旗。手前からトルコ、オランダ、オーストリア、スイスの4ヵ国の旗。オランダ国旗の紺色が暗くて見間違いかねませんが、どうぞご寛恕ください。

それにしても、この店のアマデウスというオーストリア産のチーズ(オーストリア国旗のすぐ左)は美味しいですよ。

メニュー