祝祭日、交番の旗竿が泣いてます

GWのさなか5月4日(昭和の日)の日本橋交番にも、他の交番同様、国旗「日の丸」が立てられていた。それは結構なことだが、下の写真で見ていただきたい。

これではせっかくの「日の丸」が竿頭の金球がないために、あまりに貧弱に見えてしまう。警視庁の予算か、地元署の予算か知らないが、天下の日本橋のたもとにある交番がこれでは権威もないし、美的でもない。

竿頭はアメリカならハクトウワシ、韓国なら無窮花(ムグンファ)などなど、いずれ小欄で紹介するが、各国が結構、工夫している。日本は昔から金球。神武天皇東征の神話に出てくる金鵄に由来する金色の玉。

予算がないならそのくらいなら寄付でもしましょう。是非、装着していただきたい。

メニュー