国旗と憲法

「真実一路」様という方から、「日本国憲法の改正議論の中で、将来、憲法で国旗を制定すべきといった議論はなかったのですか」というご質問をいただきました。

ご回答申し上げます。

1962年、当時の憲法調査会(高柳賢三会長)の最終(中央)公聴会に私は「青年代表」として選ばれて、公述いたした。そのときに、「日本国憲法には国旗についての規定がない。これを是非、入れるべきだ」と、申し述べました。これは同調査会の最終報告書でも採択されています。但し、このほかの議論があったかについては、当時、関係者に問い合わせたことがありますが、なかったとしか聞いていません。

各国の憲法では、今ではおそらく100カ国以上で、国旗について何らかの規定をしているかと思います。早稲田大学の政経学部時代の私の卒業論文は、「各国国旗の法制状況に鑑みたわが国国旗の法制化について」という、題でした。

指導してくださった大西邦敏教授は、比較憲法学の泰斗でいらっしゃいました。その当時の憲法で60カ国以上に国旗を規定した条項がありました。ソ連、中国をはじめとする「共産圏」は全部そうですし、フランス、ドイツ、ソ連、レバノン、ネパール、バチカン、アフリカ諸国などがそうでした。当時と今では国の数が倍以上になっているし、新しい独立国は憲法で国旗を規定するのが普通です。

ネパールの憲法では数百語を費やして、作図法を文章表現しています。バチカンの憲法は付図として添付しています。


ネパールの国旗

いずれ時間が出来ましたら、もっと詳しく、少なくとも学部の卒業論文程度のまとめをしたいと思っています。そんなことで、100カ国以上かなとお答えするほかないのが、現状です。怠慢をお許しください。

メニュー