国旗のある風景 – 井上尚弥最速のチャンピオン

4月6日、東京都大田区総合体育館で行なわれたWBC世界ライトフライ級タイトルマッチで井上尚弥(26歳、大橋ジム)がアドリアン・エルナンデス(28歳・メキシコ)を破り、世界チャンピオンになった。

井上は予想をはるかに上回る圧倒的なKO勝ち。エルナンデスはプロ歴8年、32戦29勝(18KO)2敗1分の戦績を残している軽量級きっての強打者。1年6ヵ月前の2012年10月6日にこの競技で世界王者となったのだが、井上はその4日前にプロデビューしたばかり。観戦筋はともかく、一般のファンやお互いはまさか、と思ったに違いない。

圧勝後、その井上に渡されたのがこのチャンピオンベルト。万国旗が三重になっているいかにも世界を制した人に似あう。

井上選手の今後、世界でのさらなる活躍を祈る。

メニュー