中国の「五星紅旗」を考案した人・曾 聯松


中国の国旗「五星紅旗」。
曾 聯松が公募作品の中から曾 聯松の原案が選ばれ、1949年10月1日、中華人民共和国の建国に際し、天安門広場に現在の国旗でもあるこの旗が国旗として初めて掲揚された。

2004年に上海に建てられた曾聯松の銅像

2004年9月25日のサーチナが報じるところによると、中国(中華人民共和国)建国55周年となる「国慶節(建国記念日)」を目前に控え、上海市の嘉定長安墓園に23日、曾聯松の銅像が立てられた。

この曾聯松(1917~1999)という人、1949年7月、政治協商会議主催の国旗デザインの公募に応じ、「五星紅旗」の原案を考えた人とされている。経済学者でデザイナーというのだが、ウィキペディアによれば、浙江省瑞安県の出身。1936年に、国立中央大学(後の南京大学。1962年に台湾で同名の大学が復活)の経済学部に入学した。後に抗日救亡連合会に参加し、革命に身を投じた。かつて、上海市の政治協商会議の常任委員を務めていたという。

つまり15年ほど前まで存命していたというのだから、もう少し、称揚されていいように思えるのだが、そのあたりの事情は私にはわからない。どなたかご存知の方があればお聞かせいただきたい。

赤は中国共産党による革命を、黄色は光明を表す。また、大きな星は中国共産党の指導力を、4つの小星は労働者・農民・小資産階級・愛国的資本家の4つの階級を表す。全ての小さな星の1つの頂点は、大きな星の中心に向いており、これは人民が一つの中心、すなわち中国共産党の下に団結することを象徴している。


曾聯松が考案した「五星紅旗」の原案。
カントンの部分が旧ソ連旗に酷似している。
メニュー