国旗のある風景 – 政府専用機には国旗が

2013年11月末から12月はじめにかけて、両陛下は53年ぶりのインドへの公式訪問を行った。非公式には1974年にネパールの国王戴冠式にお出ましになられたとき、2日ほどニューデリーとバングラデシュのダッカに立ち寄られた。そのときは私も「お土産」の選定に加わったことがあり、3カ国の親善協会の共催により、ホテルオークラで歓送会を開催したので、間違いない。お土産? 教育映画、スポーツ用品でした。

それはさておき、もちろん政府専用機での渡航。防衛省が管理運行する。機体と垂直尾翼に大きく「日の丸」が描かれている。日本の政府専用機には「日本国」と漢字で表記し、また「JAPAN」と英語でも表示されているが、国によっては自国の言葉のみでしか表記していない例もある。そのあたりは、私には「文字より国旗」というように思えるのだが、如何?


インドにご到着、政府専用機から降りられる天皇皇后両陛下。
産経新聞 2013年11月30日付

日本の政府専用機。両陛下の外国訪問や首相の海外渡航の際に用いられるばかりではなく、アルジェリアでの人質事件のときなど、生還者の帰国の際にも使用された。
1992年に2機導入され、予備機として常に1機が同行する。

イギリス

アメリカ

エジプト

トルコ

カタール

ポーランド

モーリタニア

ドイツ

写真は、関連機関のHPやウィキぺディアより。

メニュー