中国、フィリピンへの「援助反対」8割超 – 小額の援助に海外から批判

11月8日、レイテ島に上陸した台風30号でフィリピンは大きな被害を受けたが、これについて中国が援助すべきかどうか、中国の人気サイト「騰訊網」がネット上でアンケートを行ったところ、14日午後11時(日本時間15日午前0時)の時点で「援助すべきでない」との反対意見が全体の84%に当たる約102,000件と、圧倒的多数を占めた、と共同通信が伝えている。


フィリピンの国旗
戦時になれば愛国心を表す赤を上にして
掲揚するという珍しいフォリピンの国旗。

中国の国旗「五星紅旗」。
援助額を国旗の面積にすると、こんなものか。

その根底には、両国が南シナ海の領有権問題で対立していることが背景にあるとみられる。

しかし、それでは中国は人道問題と政治問題との区別ができない国柄ということになる。「3.11東日本大震災」の場合でも、台湾からは200億円を超える支援があったに関わらず、13億の人口を持ち、いまや経済大国とかした中国からの援助は桁違いに少なかった。

これまでのところ、中国政府と中国紅十字社はそれぞれ10万ドル(約1千万円)ずつの支援金を送ると表明しているが、これは米国の2千万ドル、日本の1千万ドルの援助とは2桁違う。トヨタ自動車も1社で1千万ペソ(約2300万円)の義援金の送金を決めており、海外メディアから「世界第2の経済大国なのに、中国の支援は少なすぎる」と批判が出ている。

これに対し、中国外務省の秦剛報道局長は14日の定例記者会見で、1千万元(約1億6千万円)相当の物資を追加支援すると表明した。

日本からはAMDA(アジア医療協力会)、難民を助ける会などがいち早く現地にスタッフを送り、日本赤十字社は13日、医師1名、看護師1名、事務職員1名、技術担当者2名からなる第一陣を派遣、今後はフィリピン赤十字社、赤十字赤新月社連盟(会長=近衞忠煇)と調整しながら増派する予定という。国際的な救援機関、国際協力NGOなどが世界から集中している。

中国の冷たさ、国際協調力のなさには呆れるほかない。軽々に付き合っていい隣国とは思えなくなってしまうのが、哀しい。

メニュー