北朝鮮で韓国国旗掲げ入場 – 重量挙げ国際大会

北朝鮮で韓国の国旗が初めて公に掲げられた。共同通信の報道をベースに状況を記したい。北朝鮮側の一連の対韓姿勢の微妙な変化を表したものか。


9月12日、平壌で開催された重量挙げの大会で韓国国旗を掲げて入場する選手(AP)

韓国の大韓重量挙げ連盟が明らかにしたところによると、9月13日、北朝鮮の平壌(ピョンヤン)で9月12日に開かれた重量挙げの2013年アジア・クラブ選手権の開幕式で、韓国選手団が韓国国旗の太極旗(テグキ)を掲げ入場した。韓国統一省によると、北朝鮮当局が韓国国旗を掲げることを認めたのは南北分断後初めて。

北朝鮮当局が事前に大会での太極旗の使用と、選手が優勝した際の表彰式での韓国国歌「愛国歌」(作詞=不詳、作曲=安益泰)の演奏を許可すると韓国側に通告していた。北朝鮮は最近、南北関係を改善する意思があることを強調しており、こうした姿勢に沿った措置とみられる。ハングルで「大韓民国」と書いたプラカードを持った北朝鮮の女性を先頭に、太極旗を掲げた旗手ら韓国選手団が入場行進した。

メニュー